俺が筋トレの効率をアップさせるために調べたこと・実践したことの記録だ

俺の筋トレメモ

俺が使用しているサプリメント

マルトデキストリンの筋トレ効果は?摂取量は?糖尿病の心配はないのか

更新日:

マルトデキストリンって聞いたことありますか?

聞いたことあるけど「どんな効果があるのかわからない!」「どれくらい摂取したらいいのかわからない!」と思っていませんか?

私も同じ状況でした。

そこで、マルトデキストリンについて調べてみたら「これは使わないと損だろ!」ということで即購入

そこで今回は、マルトデキストリンの筋トレ効果や摂取量について、糖尿病の心配はないのかといったことについてご紹介したいと思います。

これを読めば、筋トレで伸び悩んでいるあなたも急成長間違いなしです。

そもそも、マルトデキストリンとは何?

マルトデキストリンとは簡単にいうと体に吸収しやすい糖質のことです。糖質にも、

  • 単糖類
  • 二糖類
  • 多糖類

と種類があります。マルトデキストリンは、このうちの多糖類に分類されるデンプンが分解されたものなのです。分解されていることで体への吸収率が高くなります。

したがって、マルトデキストリンは吸収率のいい糖質ということができるのです。

では、この「糖質」と「筋トレ」はどのような関連性があるのでしょうか。

マルトデキストリンの筋トレへの効果は?

ここからは、マルトデキストリンが筋トレ(バルクアップ)とどう関係しているのか解説していきます。

まず、結論からお伝えするとマルトデキストリンを摂ることで筋トレへの効果(バルクアップ)が期待できます。

その理由は、糖質をとることでインスリンというホルモンが分泌されるのですが、このインスリンには栄養の吸収率を高める効果があります。また、筋トレ中の筋肉の分解(アナボリック)を抑える役割もあります。

筋トレに熱心なあなたなら既に、プロテインは飲んでいますよね?このプロテインの吸収率を向上させることができるため、効率よくバルクアップが狙えるのです。

砂糖をとれば良いのでは?

糖質といえば「砂糖」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

同じ糖質であれば、マルトデキストリンより手に入りやすい砂糖の方が良いと考える人もいると思います。

しかし、結論から言えばNGです。

理由は、砂糖はブドウ糖と果糖が一緒になったものなのですが、この果糖がよくありません。

果糖といえば果物に含まれる糖質ですが、太ったり、老化を早めたり、良いことはありません。果糖を濃縮したフルーツジュースや果糖ブドウ糖液糖が含まれた清涼飲料水はもってのほかです。

しかし、果物を丸ごと食べる分にはさほど問題にならないどころか、ビタミンや食物繊維も摂れますので、ほどほどであれば良いことの方が多いです。

よって、スポーツ選手も試合中に口にすることがありますがバナナは代用として使えます

ブドウ糖をとれば良いのでは?

ブドウ糖は下痢の心配があります。

というのもブドウ糖は糖質の中でも分子量が小さいため吸収が必要以上に早く、腸内の濃度が急上昇してしまいます。

その濃度を低くしようと腸内に水が送りこまれ、下痢になってしまうというわけです。

一方、マルトデキストリンは濃度が急上昇する心配がないため、下痢の心配もありません。

マルトデキストリンを摂取するタイミングは?摂取量はどのくらい必要?

では、この筋トレに十分な効果を期待するためには、”いつ””どのくらい”の摂取量が必要なのか解説します。筋トレへの効果(バルクアップ)を狙いたいあなたは以下のタイミングで、各自の体重にあわせた量を摂るようにしてください。

筋トレ前(約30分前)

体重×0.5gを摂取することで、筋トレ時のエネルギーを補給します。

筋トレ中

体重×0.5gを水500mlと混ぜて摂取することで、筋肉のカタボリック(異化≒分解)を抑えます。

筋トレ後(なるべく30分以内)

体重×0.5gをプロテインと混ぜて摂取することで、筋肉のアナボリック(同化≒合成)を促進させます。

マルトデキストリンで糖尿病の心配はないのか?糖尿病患者は?

まず、糖尿病患者や心配な方は医師への相談なしで摂取することは控えましょう。

マルトデキストリンによって糖尿病を患う可能性については、運動の前後に適当な量を摂取する分には、エネルギーとして活用されるため心配はないと言えます。

ただし日頃、運動の習慣がない人が必要以上に糖質を摂れば当然、心配されますので、筋トレを日常的に行う人がその前後や最中に摂る場合に限ります。

マルトデキストリンはどこで買うことができる?おすすめは?

マルトデキストリンはAmazonなどの通販サイトで購入することができます。

ちなみに私が購入しているのは、H+Bライフサイエンス社の「アスリート専用粉飴」です。非常に安く商品自体もとても良いものですので、おすすめです。

理想の身体を手に入れるため、HMBサプリという手段も

マルトデキストリンは、筋肉の分解を防ぎ、筋肉の合成を促進する効果がありました。

これと同様以上の働きをするものにHMBサプリがあります。

また、HMBサプリは大半の商品に、

  • BCAA = 筋肉の元となる必須アミノ酸。筋肉の肥大化を促します
  • クレアチン = 筋トレ時のパフォーマンスを上げることで狙った部位を効率的に肥大化させます
  • グルタミン = 筋肉の分解を防ぎ効率的に肥大化を促します。また、免疫力向上の効果もあるため風邪予防にも効果的

が配合されていますので、なるべく早く理想とする身体を手に入れたいという方に向いています

当サイトでは、筆者が試してきたHMBサプリをランキング形式でご紹介していますので、興味あればご覧になってみてください。

まとめ

  • マルトデキストリンを摂ることで、筋トレ中のカタボリック(分解)を抑え、筋トレ後のアナボリック(合成)を促進させる。結果としてバルクアップ(筋肥大化)につながる
  • 糖質にもさまざまな種類があるが、健康面・効率的ということからマルトデキストリンがベスト
  • 筋トレ前・筋トレ中・筋トレ後に体重×0.5gを摂取するのが良い
  • 運動の習慣がない人は糖尿病が心配なので摂らない。また、糖尿病患者は医師に相談すること
  • おすすめは、H+Bライフサイエンス社の「アスリート専用粉飴
  • 多少、お金に余裕がある方は「HMBサプリ」がおすすめ

-俺が使用しているサプリメント
-

Copyright© 俺の筋トレメモ , 2018 All Rights Reserved.