俺が筋トレの効率をアップさせるために調べたこと・実践したことの記録だ

俺の筋トレメモ

ジムトレーニング

筋トレすることによって増えるテストステロンが男性に与える効果

投稿日:

筋トレすることによってテストステロンというホルモンの分泌が増えるらしい。テストステロンが分泌されることでどんな効果があるんだろう?

この記事ではこのような疑問にお答えします。

結論から言うと、筋トレすることで女性にモテたり、考え方が前向きになったり、肌が綺麗になったり、いいことだらけです。

この記事を読むことであなたもテストステロンの分泌を増やすことができ、このような効果を得ることができます。

テストステロンが男性に与える効果

テストステロンの分泌を増やすことで以下のような効果が期待できます。これを読めば筋トレせずにはいられなくなるはずです。

女性にモテる

テストステロンが分泌されることによって男性は筋肉がつきやすくなります。筋トレをするたびにテストステロンが分泌され、筋肉がつきやすくなり、またテストステロンの分泌が増え・・、と男性らしい肉体が加速するでしょう。

また男性らしい肉体は女性にモテますので、女性から好意を持ってもらえるようになります。

さらに、テストステロンはモテフェロモンとも呼ばれており、これが女性を引き付ける効果を持ちます。ラットの実験においてオスのネズミにテストステロンを注射したところ、メスのネズミが多数群がりはじめたと言う実験結果もあります。

考え方が前向きになる

テストステロンが多く分泌されることによってドーパミンという”やる気ホルモン”が分泌されます。考え方が前向きになれば仕事やプライベートがうまくいくようになるでしょう。

肌が綺麗になる

テストステロンは体の細胞の老化を抑える効果があります。それによって、肌も綺麗になり若々しくいられることでしょう。

生活習慣病の予防につながる

テストステロンの分泌はメタボをはじめとした生活習慣病の予防にもつながります。

理由は、テストステロンが一酸化窒素の分泌を促すことと関係しています。この一酸化窒素は血流を促す効果があるのですが、それにより体内に有害な毒素が蓄積されるのを防ぐことにつながります。これが結果としてあらゆる生活習慣病の予防につながるのです。

性欲が増す

男性は加齢とともに性欲も衰え、ED(勃起不全)の原因にもなってしまいます。しかし、テストステロンの分泌を増やすことによって性欲が増して、EDの解消につながることもあります。

EDは薬でその場しのぎ的に解決することもできますが、テストステロンを増やして根本から解決しましょう。

集中力が増す

何をするにも落ち着かないということはありませんか?

仕事中にイライラしてすぐにタバコを吸ったり、優柔不断だと周りから言われたり・・。

テストステロンの分泌を増やすことで集中力が増してこのようなことが無くなります。それだけでなく、集中力が増せば仕事においてもできるやつだと認められるようになるでしょう。

筋トレ以外でもテストステロンは増やせる!

テストステロンを増やすには筋トレが最も効果的で手軽で、健康的ではありますが、以下のようなことによってもテストステロンは増やせますので、あわせて覚えておくといいでしょう。

オナニーを控える

オナニー直後はテストステロンがわずかに上がるが、日常的におこなう男性ではテストステロンは低いという調査結果があります。

毎晩のオナニーを楽しみにしている男性もいるかもしれませんが、3日に1回程度に減らしていくといいでしょう。

逆に4日以上我慢してしまうと性機能が落ちる危険性もありますので、3日程度がベストです。理由は精子は3日で満タンになるためです。

3日に1回程度であれば我慢できそうじゃないですか?

アルコールを控える

アルコールの過剰摂取はテストステロンの低下につながりますので控えるべきでしょう。しかし、金曜日だけ飲むとか日常的ではなくて決めた日だけ飲むようにすることで、ストレス発散に繋がりますので、こういう飲み方もありです。

食事の質を意識する

体脂肪の少ない男性はテストステロンも高めです。高タンパク低脂質の食事を意識するようにしましょう。

さらに高タンパク低脂質の食事は筋肉の合成を助けると同時に、脂肪がそぎ落とされ、男性らしい肉体となる手助けを担います。

また、亜鉛はしっかり摂るようにしてください。亜鉛はセックスミネラルと言われる栄養素でもありテストステロンを高めたり、精子を増やす効果も期待できます。

日本人は総じて亜鉛がしっかりとれていない傾向にありますのでサプリを使うなどして意識的に摂るようにするといいでしょう。

睡眠の質を意識する

睡眠の質が高い男性はテストステロンの値も高いという調査結果があります。睡眠時間をしっかり取ることも大事ですが、睡眠の質も意識する必要があります。

具体的には、寝る前にパソコンやスマホを見ない、部屋の照明を少し暗くする、日中は少し疲れる程度に活動する、寝具を自分にあったものにする、などです。

睡眠の質を高めることで日中の集中力などに明らかな違いが見られるでしょう。

ストレッチをする

筋トレだけでなくストレッチにおいてもテストステロンは分泌されます。ベストのタイミングは夜寝る前と朝起きた後です。

ストレッチすることで血流が増えて日中に活動にも好影響ですので是非取り入れて見てください。

まとめ

  • テストステロンを増やすことで、女性にモテたり、考え方が前向きになったり、いい影響がたくさんある
  • テストステロンを増やすには、オナニーを3日に1回程度にする、アルコールを飲む頻度を減らす、食事の質を意識する、といった方法がある

-ジムトレーニング
-,

Copyright© 俺の筋トレメモ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.